株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川和宣)は、総務省が主催する「テレワーク先駆者百選」に選定されたことをお知らせします。
総務省では、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表しています。

MetaMoJiでは、新型コロナウイルス感染拡大以前から、全社員にiPadを配布し、東京、徳島、大阪、福岡の4拠点をビデオ会議システムで結ぶとともに、自社アプリであるリアルタイム会議支援アプリ「MetaMoJi Share」を活用して、遠隔会議および詳細な文書の共有を実践することで、社内業務のペーパーレス化を推進してきました。
このような経緯を受け、2020年1月より、東京、徳島の一部ソフトウェア開発者を手始めにテレワーク化の実証を開始し、3月の時点では東京事務所を中心にテレワークの対象を拡大。4月に発令された7都道府県の緊急事態宣言の際には、徳島の一部の社員を除く全社員がテレワークに移行しました。今でもテレワークを中心に、支障なく業務を遂行しています。

MetaMoJiでは、テレワークを一時の流行ではなく、永続的に続けていく基本の働き方と考えています。オフィスの位置づけや社員の居住地等、会社のあり方を再検討とするとともに、テレワーク時代により貢献できるソリューションの開発を続けてまいります。

■ MetaMoJi Shareを活用したペーパーレス会議の社内事例:
https://product.metamoji.com/share/showcase/case_metamoji.html

■ テレワーク先駆者百選
テレワーク先駆者百選については総務省のホームページをご覧ください.
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu18_02000001_00006.html

■ 令和2年度「テレワーク先駆者百選」決定企業等一覧
https://www.soumu.go.jp/main_content/000653162.pdf

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。
https://www.metamoji.com/

■本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ:
https://www.metamoji.com/jp/contact/media/
広報担当 津田・大橋
電子メール: info.ja@metamoji.com

おすすめ